本文へスキップ


ご挨拶COMPANY

 今日の社会経済は、国際的分業連携グローバル化の時代を迎え、持続的発展成長を遂げてきております。一方、地球規模で考えると資源枯渇、食糧自給率向上、地球温暖化対策等重要課題への取組も、益々強く求められる時代に変貌しつつあります。「持続可能型社会」・「資源循環型社会」等のキーワードも脚光を浴びております。

 大きくは、食糧自給率向上に繋がる取組課題として、我が国でも食品廃棄物リサイクルへの取組が開始され、平成13年に食品リサイクル法が施行その後、平成19年の改正を経て、平成27年に見直し方針が策定されることになりました。
 私たち三造有機リサイクルは、平成10年3月に札幌市リサイクル団地において食品廃棄物の処理施設を建設し、食品リサイクル法の施行以前から札幌市及び札幌市環境事業公社と連携して食品リサイクルの向上に尽力して参りました。

 食品リサイクル法の目的は、食品の売れ残りや食べ残し、又は食品の製造過程において大量に発生している食品廃棄物の発生抑制と減量化及び飼料、肥料、油脂、エタノール、メタン等への再生利用の促進にあります。

 当社は操業以来、発生した食品残渣からの飼料・配合肥料の原料製造を行い、また平成26年からは嫌気性消化発電事業(バイオガス発電事業)にも着手し、国が検討・推進してきた食品廃棄物リサイクルの先駆的事業の一つとして貢献して参りました。食品廃棄物を資源循環型社会の重要資源に変貌させることが当社の存在意義・基盤になっております。

 『有機リサイクル』という社名に込めた想い、食品廃棄物の100%リサイクルに向け、札幌市の食品リサイクル率向上に寄与し、食品リサイクル事業の先駆者としてこの事業が国内外に普及する一助となるように精進して参ります。

 これからも皆様のご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

                            
三造有機リサイクル株式会社
                            代表取締役社長 
小倉 智

バナースペース

三造有機リサイクル株式会社

〒007-0890
札幌市東区中沼町45-53 札幌市リサイクル団地内

TEL 011-792-3310
FAX 011-792-3316